コピー機を購入

コピー機コピー機を購入する場合、新しいものを購入する以外に中古を購入する選択があります。中古を購入する場合には、価格が安いというメリットがあります。型落ちや古い機種でも良ければ、中古のコピー機に安いものがたくさんあります。ただし、本体費用は安いものの、中古はメンテナンス費用がかかります。

印刷するものにもよります。印刷枚数が多く、印刷の仕上がりのキレイさを求めるのであれば、新品のコピー機がおすすめです。しかし、印刷枚数が少なく、社内で使用する程度のコピー回数であれば、中古でも間に合うのではないでしょうか。なお、中古のコピー機を購入する場合は、試運転してから購入した方が良いでしょう。コピーの状態は、コピー機ごとに異なります。

中古の方がメンテナンス費用がかかりますし、使用中に不具合が出るようなこともあるでしょう。メーカーの部品供給は8~10年程度とされており、中古のコピー機で部品がない場合には、修理できないこともあります。中古のコピー機を購入する場合は、できるだけ販売時期が新しいものにした方が良いでしょう。一時的なご利用の場合は、中古で間に合うこともあるでしょうけど、長期的にご利用になる場合は新品の方が良いかもしれません。