コピー機の導入

男性会社にコピー機を導入しようと思ったときに、購入した方がいいのかリースにした方がいいのか、よくご検討ください。リースにした方がお得なケースがあるようです。

一般的に、多くの企業はコピー機をリースにしています。リースにしている理由ですが、手数料はかかるものの、コピー機のメンテナンスや税金の処理などが簡単になるからです。リース契約にすると月額利用料を支払うだけですみ、その月額利用料も必要経費で落とせます。

高額な初期費用がかからないのも、リースの良いところです。コピー機には100万円以上するものも多く、複数台職場に導入することになると、かなり費用がかさみます。事務機器の初期費用をおさえたい場合には、コピー機をリース契約にするという方法があるでしょう。

ただし、リース契約を行う場合には、審査があります。通常のローンの審査と同じで、月々のリース料金を支払うことができるかどうかの審査が行われます。信用情報機関に照会されて、ほかのローンで滞納などがなければ審査に通るようです。審査に通るまでに時間がかかります。

また、リース契約は長期間に渡り、途中解約できませんから、コピー機の導入が一時的な場合は中古品などを購入した方がいいかもしれません。選択肢としては、コピー機をリースするか、審査に落ちた場合などは購入することになります。コピー機を購入する場合は、新品を購入するか中古を購入するかでも、選択が分かれるでしょう。