購入とリースの違い

コピー機を購入する場合とリースとの違いですが、リースにすると高額な初期費用がかからないことでしょう。リースにできるのは新品のコピー機だけなので、新品を購入するか中古を購入するかによっても違ってきますが、コピー機を購入する費用がない場合に低コストですみます。

メンテナンス数年使用して不具合などが多くなった場合、コピー機を処分する際に、購入とリースとでは大きな違いがあります。購入した場合は、自分で処分することになりますが、リースの場合はリース会社に引き取ってもらえます。コピー機の所有権はリース会社にあり、手数料を支払っていますから、メンテナンスやアフターサービスがあります。メンテナンスやアフターサービスの良いリース会社と契約しましょう。

リースには審査があり、中途解約できません。十分に初期費用がある場合は、コピー機を購入してしまった方が、長い目でみると総額で費用的にはお得かもしれません。しかし、メンテナンスの手間などを考えると、リース会社に依頼した方がラクな場合があります。コピー機は印刷時に紙づまりやインクのかすれなどが出やすい事務機器ですから、メリットとデメリットをよく比較した上で、購入するかリースにするかをご検討ください。