コピー機をリース

コピー機をリースする場合は、月額料金となるため導入の初期費用が安くすみます。リース料金は経費扱いにすることも可能です。コピー機のランニングコストが安くすむでしょう。コピー機の所有権はリース会社にありますから、減価償却の手続きなどを行う必要がありません。

コピー機を購入した場合は、新機種に取り替える際にコピー機を廃棄する手間と、新しいコピー機を購入する費用がかかります。リースにした場合は、廃棄する手間がなく、新しいコピー機に取り替えることができます。なお、リースのコピー機に中古品はなく、すべて新品となっています。支払い総額は、本体価格のほかに手数料や保険料などが含まれるため、高額な初期費用はかからずにすむものの、新品を購入するより割高になるでしょう。

虫眼鏡コピー機をリースする場合に気をつけた方がいいのは、中途解約ができないことです。リース契約は、導入時に決められた年数で契約をしていますから、中途解約すると違約金が発生します。コピー機をリースする場合には、長期的に計画を立てることが大切です。また、リース契約には審査があり、審査に通らないと契約を結ぶことができません。審査に通ってリース契約を結ぶ際には、契約書によく目を通してください。