購入とリースの違い

コピー機を購入する場合とリースとの違いですが、リースにすると高額な初期費用がかからないことでしょう。リースにできるのは新品のコピー機だけなので、新品を購入するか中古を購入するかによっても違ってきますが、コピー機を購入する費用がない場合に低コストですみます。

メンテナンス数年使用して不具合などが多くなった場合、コピー機を処分する際に、購入とリースとでは大きな違いがあります。購入した場合は、自分で処分することになりますが、リースの場合はリース会社に引き取ってもらえます。コピー機の所有権はリース会社にあり、手数料を支払っていますから、メンテナンスやアフターサービスがあります。メンテナンスやアフターサービスの良いリース会社と契約しましょう。

リースには審査があり、中途解約できません。十分に初期費用がある場合は、コピー機を購入してしまった方が、長い目でみると総額で費用的にはお得かもしれません。しかし、メンテナンスの手間などを考えると、リース会社に依頼した方がラクな場合があります。コピー機は印刷時に紙づまりやインクのかすれなどが出やすい事務機器ですから、メリットとデメリットをよく比較した上で、購入するかリースにするかをご検討ください。

コピー機をリース

コピー機をリースする場合は、月額料金となるため導入の初期費用が安くすみます。リース料金は経費扱いにすることも可能です。コピー機のランニングコストが安くすむでしょう。コピー機の所有権はリース会社にありますから、減価償却の手続きなどを行う必要がありません。

コピー機を購入した場合は、新機種に取り替える際にコピー機を廃棄する手間と、新しいコピー機を購入する費用がかかります。リースにした場合は、廃棄する手間がなく、新しいコピー機に取り替えることができます。なお、リースのコピー機に中古品はなく、すべて新品となっています。支払い総額は、本体価格のほかに手数料や保険料などが含まれるため、高額な初期費用はかからずにすむものの、新品を購入するより割高になるでしょう。

虫眼鏡コピー機をリースする場合に気をつけた方がいいのは、中途解約ができないことです。リース契約は、導入時に決められた年数で契約をしていますから、中途解約すると違約金が発生します。コピー機をリースする場合には、長期的に計画を立てることが大切です。また、リース契約には審査があり、審査に通らないと契約を結ぶことができません。審査に通ってリース契約を結ぶ際には、契約書によく目を通してください。

コピー機を購入

コピー機コピー機を購入する場合、新しいものを購入する以外に中古を購入する選択があります。中古を購入する場合には、価格が安いというメリットがあります。型落ちや古い機種でも良ければ、中古のコピー機に安いものがたくさんあります。ただし、本体費用は安いものの、中古はメンテナンス費用がかかります。

印刷するものにもよります。印刷枚数が多く、印刷の仕上がりのキレイさを求めるのであれば、新品のコピー機がおすすめです。しかし、印刷枚数が少なく、社内で使用する程度のコピー回数であれば、中古でも間に合うのではないでしょうか。なお、中古のコピー機を購入する場合は、試運転してから購入した方が良いでしょう。コピーの状態は、コピー機ごとに異なります。

中古の方がメンテナンス費用がかかりますし、使用中に不具合が出るようなこともあるでしょう。メーカーの部品供給は8~10年程度とされており、中古のコピー機で部品がない場合には、修理できないこともあります。中古のコピー機を購入する場合は、できるだけ販売時期が新しいものにした方が良いでしょう。一時的なご利用の場合は、中古で間に合うこともあるでしょうけど、長期的にご利用になる場合は新品の方が良いかもしれません。

コピー機の導入

男性会社にコピー機を導入しようと思ったときに、購入した方がいいのかリースにした方がいいのか、よくご検討ください。リースにした方がお得なケースがあるようです。

一般的に、多くの企業はコピー機をリースにしています。リースにしている理由ですが、手数料はかかるものの、コピー機のメンテナンスや税金の処理などが簡単になるからです。リース契約にすると月額利用料を支払うだけですみ、その月額利用料も必要経費で落とせます。

高額な初期費用がかからないのも、リースの良いところです。コピー機には100万円以上するものも多く、複数台職場に導入することになると、かなり費用がかさみます。事務機器の初期費用をおさえたい場合には、コピー機をリース契約にするという方法があるでしょう。

ただし、リース契約を行う場合には、審査があります。通常のローンの審査と同じで、月々のリース料金を支払うことができるかどうかの審査が行われます。信用情報機関に照会されて、ほかのローンで滞納などがなければ審査に通るようです。審査に通るまでに時間がかかります。

また、リース契約は長期間に渡り、途中解約できませんから、コピー機の導入が一時的な場合は中古品などを購入した方がいいかもしれません。選択肢としては、コピー機をリースするか、審査に落ちた場合などは購入することになります。コピー機を購入する場合は、新品を購入するか中古を購入するかでも、選択が分かれるでしょう。